50代からの筋トレを始めるときに気をつけること

歳をとってから筋トレをするのは勇気がいるかもしれません。

しかし筋肉が付けば体力や代謝が上がり、頑健になるなどメリットは数多くあります。

ですが歳を、特に50歳を過ぎてから始める筋トレには注意する点があります。

今回は50代から始める筋トレについて、注意する点について紹介します。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

50代の体は「無理がきかない」と知る

50代ともなるとどれだけ頑張っても20代の頃と同じように動けません。

これについては身に染みていることでしょう。だから筋トレをされるハズです。

しかし、回復力についてはこれまでと同じように考えてしまうことがあります。

無理をした後日、1週間以上も体の痛みが引かないということもあります。

また今まで出来ていた動きが体に負担をかけてしまい故障に繋がることもあります。

一般的に本やネットでの筋トレ情報は20代~30代を対象にしていることが多いです。

もし参考にするならば「50代から始める筋トレ」といった情報を探すと良いでしょう。

健康のための筋トレのつもりが…

50代になってから始める筋トレには若い方以上に危険が付きまといます。

バランスを崩して転倒、程度で済めばまだありがたい方です。

中には後遺症や最悪の事態を招く可能性もあります…。

骨折の危険

歳をとるとどうしても骨密度が低くなってしまいます。

早く効果が得たいがために筋トレを張り切ると、体に大きな負担をかけてしまいます。

疲労の回復が蓄積に追い付かないと疲労骨折などを起こすリスクは高まります。

柔軟性の低下

筋肉も若い頃に比べて圧倒的に硬くなっています。

無理に重いモノを持ち上げようとしたりすると肉離れなどなど筋断裂を起こすことも。

アキレス腱を断裂しようものなら歩行困難になるなど後遺症も大きいです。

可動域の縮小

柔軟性に関係した話ではありますが、体を動かせる範囲も狭まります。

特にジムのマシンを使う場合、思った以上に体が広がらずに脱臼を起こしてしまうことも。

脱臼を起こすと日常生活に影響が出ることもありますので注意したい所ですね。

心臓や脳への負担

心肺機能だって著しく落ち込んでいます。

重いダンベルを持ち上げようとしてそのままバッタリ…、というのも考えられます。

若い頃以上に現在の自分の健康状態を気遣ってやる必要があります。

私自身も筋トレに慣れてきた頃、過信して普段より重いダンベルを持ち上げようとしたら

急に心臓が苦しくなってその場に崩れてしまったことがあります。

このとき初めて「自分が思っている以上に無理がきかない体になっている」のを自覚しました。

50代からの筋トレの秘訣は「臆病」

自宅で行う自重トレーニングの場合はそれほど心配がありません。

自分の体力以上のことは出来ませんし、自分の体の声を素直に聞けますから。

ここでは自分が「ツラい、苦しい」と思ったらその場で止める勇気を持ちましょう。

しかしジムで筋トレを行う場合、自分のペースを徹底する必要があります。

周囲の空気に触発されて、ついオーバーワークしてしまうことがあります。

自分の能力を見切れないままダンベルやマシンを使うと大事故に繋がることも。

私は最初の数カ月は「トレーナーさんにマンツーマンで見てもらうべき」だと思います。

少なくとも自分のペースが掴めるまではスポーツジムに通うのも良いでしょう。

公共の運動施設でもトレーナーさんがいる場合がありますのでこちらを利用するのもアリでしょう。

それだけでなく普段からこまめに健康診断を受けて体の状態を知っておく必要があります。

更に筋トレメニューと同じくらい休養の取り方も真剣に考えることも忘れてはいけません。

車の運転と同じく「かもしれない」くらい臆病に、が筋トレを継続する秘訣です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加