筋トレで筋肉痛になったときに湿布を貼ってもいいの?

筋肉痛、程度はあれど本当にきついですよね。

痛みを和らげるために湿布を使う、というのはどうなのでしょうか。

私自身、あまり湿布を使うことはありません。

ですが気になったので、今回は筋肉痛への湿布の効果を調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

そもそも筋肉痛に効果あるの?

湿布の効果
出典healthoyaji.com

湿布の裏面を見る限り、効果はあるようです。

しかし一般的に湿布と呼ばれる「冷湿布」は冷やすことで感覚を鈍らせるものです。

筋肉痛をを回復するのではなく、あくまで痛みを緩和する効果に留まっているという点に注意です。

一方、湿布には「温湿布」つまりは温める湿布もあります。

痛みを抑制する効果は無いものの、筋肉を温めて血行を促進できます。

筋トレから時間が経ったならば今度は筋肉を温めた方が効果的ですから効能はあるでしょう。

筋肉痛に見る冷湿布と温湿布

一文字違いですが効果は大きく違います。

両者の効果をしっかり押さえ、使い分ければ筋肉痛の助けになるでしょう。

冷湿布

先述の通り、冷やすことで血管を収縮させ基礎代謝を抑えることで感覚を鈍らせています。

痛みを感じなくしているものの根本的な改善にはなっていません。

むしろ回復を阻害しているということを忘れてはいけません。

たまにアイシングのツールとして利用している方を見かけますがオススメ出来ません。

というのも多くの冷湿布は薬品で冷たいという感覚を作っているだけです。

皮膚表面は冷やせるものの、深部の筋肉の熱まで奪うことは出来ない点に留意しましょう。

アイシングについては「筋肉痛を防ぐ正しいアイシングの方法」をどうぞ。

温湿布

温めることで血管を拡張させ、血液の循環を促進させます。

痛み止めとしての効果は大して期待できないことは覚えておきましょう。

逆に筋肉の回復を早めるツールとして用いるのは十分あり得るでしょう。

しかし筋肉痛の回復を温湿布に頼るのもあまりオススメできません。

一部を温めた所で全身の基礎代謝を上げることにはなりません。

筋肉痛の回復なら「筋トレで筋肉痛になったときの回復を早める休養のしかた」をどうぞ。

私が筋肉痛に湿布を使う場合

普段から筋肉痛にならないように気を付けてはいますが、どうしても出てしまう場合もあります。

そんなときに限って仕事や用事があったりと、休養していられないことも…。

そんなときは冷湿布を使う、という選択肢をとることもあります。

過去に、体を動かす度に声が漏れてしまうような物凄い筋肉痛になったことがあります。

そのときは流石に湿布を使いましたが効果はてきめん、何とか動けるようにはなりました。

痛みを緩和するツールとしては本当に優秀だ、というのが個人的な感想です。

筋肉痛に湿布は使わない方が良い?

これは本当に場合によって、だと思います。

私自身、あまり湿布を使う習慣が無かったもので今も大して使いません。

ですが普段から湿布を使っているなら敢えて止める必要はないでしょう。

体が痛いのに我慢しても体にも精神的にも良いことはありません。

ですが湿布に頼りきらず、筋肉痛の回復にも努めるようにしましょう。

それと筋肉痛にならないための筋トレ後のケアも重要ですね。

関連記事

筋トレをやっても筋肉痛にならない防ぐ方法を教えます

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加