毎日やっても筋肉痛にならない筋トレの方法 

しっかりと筋トレすると体の疲労感が心地よく、「頑張った!」という感じがしますね。

しかし翌日筋肉痛が出ることも考えると良いことばかりではありません。

数日響くこともある筋肉痛…どうにか発生しないようには出来ないのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

筋肉痛が無いと筋トレの効果はない?

そもそも筋肉痛はなぜ起こるのか?

実はこれ、現代医学でもまだ明確な原因は明らかになっていません。

しかし一般的には大きな負荷によって筋繊維が損傷することで炎症が起こり痛むのだと言われています。

ですが最近ではこの説にも否定的な意見がなげかけられています。詳しくは「筋トレをやっても筋肉痛にならない防ぐ方法を教えます」をご覧下さい。

そして損傷した筋繊維は次に同じような負荷が来たときに耐えられるよう、より太く強靭になろうと回復を頑張ります(これを超回復と呼びます)。

なので一昔前まで「筋肉痛が起こる⇒筋肉が太くなる」とされ、筋肉痛が起こらない筋トレは意味が無いと言われてきました。

筋トレをセーブすれば毎日やっても筋肉痛にはなりにくい

しかし現在では今までの常識が否定されつつあります。

実際に筋肉痛が出ないようなメニューを中心に筋トレをしている人もいるそうです(私の周りにはいませんが)。

筋肉痛は一種のオーバーワーク(筋トレのやりすぎ)の症状とも言われています。

苦しくない、無理が無い程度の強度で筋トレを行うことで筋肉痛を引き起こさないことは可能だと思います。

しかし私個人としては筋肉痛を恐れて筋トレを意図的に抑えるのは勿体ないと思います。

「No pain, no gain(=痛み無くして得るものなし)」の言葉通り、生き物は苦しい状態に陥ってこそ成長するものだと思います。

筋肉痛を恐れず自分の力を振り絞るのと恐れてセーブするのではやはり筋肉の成長に違いが出てくるハズです。

人間でも何の苦労もせずに生きてきた人と荒波を乗り越えてきた人では器や打たれ強さが違うのと同じですね。

筋肉痛を回避する筋トレを毎日やるメリット

しかし筋肉痛を避けてセーブした筋トレを毎日行うのが良い場合もあります。

これは筋肉痛が起きる筋トレの強度は人によって違うからです。

例えば筋トレ初心者と熟練者を比べれば当然、後者の方が筋肉痛にはなりにくいです。

筋肉が負荷に慣れているため、それを上回る負荷をかけない限り筋肉痛にはなりません。

なのでもし求めていた体型を獲得して「それ以上を求めない」場合は有効になってきます。

細マッチョになりたいがバリバリのマッチョは目指してない、というような場合ですね。

筋トレを休めばそれだけ筋肉は衰えますから続ける必要はあります。

このとき筋肉痛が出ない程度の筋トレを毎日続けることで現在の筋肉を維持できます。

このように自分の状態に合わせることが出来れば筋トレをセーブすることは有効でしょう。

ですがやはりセーブは筋トレ慣れした中級者以上の人のテクニックだと思います。

最初の内は筋肉痛を起こさないよりもメンテナンスをしっかりして筋肉痛を少しでも防ぐよう心掛ける方が良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加