筋トレ食事制限しているのに痩せないのはどこがいけないのか

痩せようと普段から有酸素運動も筋トレも頑張っている。
食事だって気を付けているのになかなか痩せない…。
こんなに頑張っているのに、なぜ?という方に質問です。
「その頑張り、どれだけの期間続けましたか?」

スポンサーリンク
スポンサードリンク

筋トレ食事制限で痩せないのには、ワケがある!

まず脂肪には2種類、皮下脂肪と内臓脂肪があります。
皮下脂肪は体型に現れ、内臓脂肪は内臓に現れます。

つまり痩せるためには皮下脂肪を減らす必要があります。
この2つはつく場所も違いますがその性質も異なります。

内臓脂肪は消費しきれなかったカロリーが余りものとして蓄えておかれたものです。
一方、皮下脂肪は体が意図的に溜め込んでおいているものです。

食べ物が少なくなっても生きていけるように摂取したカロリーの一部をへそくりのように貯め込んだものです。

筋トレ食事制限でも皮下脂肪は落としにくい!

この2つの脂肪の性質が痩せにくいのにどう関わってくるのでしょうか?

人間の体は活動するのに摂取したカロリーを消費しますがそれだけでは賄いきれない場合、
体に既に蓄えられている脂肪を燃焼して不足分を補います。

摂取カロリーより消費カロリーの方が多い状態を続けていれば脂肪は燃焼されるわけですが、このとき”まず”消費されるのは余り物である内臓脂肪なのです。

まずは余っている燃料(=内臓脂肪)を使って、それでもいよいよ足りなくなってきて初めてへそくり(皮下脂肪)を使います。
努力していてもなかなかやせないのはまだ内臓脂肪を消費している段階だからです。

筋トレ食事制限でもう少し、頑張ろう!

じゃあ皮下脂肪が消費されるにはどれくらいかかるのか?とても気になる所です。
残念ながらこれは一概には言えません。個人差があるからです。

過食や運動不足が続いている人はそれだけ多くの内臓脂肪を蓄えていますし、
普段から気を付けて生活している人はそれだけ早く内臓脂肪が消費されます。

ですから努力をしていてもなかなか痩せない(見た目に変化が無い)のは方法が悪いのではなくまだ見た目の方に効果が出ていないだけなのです。

1,2か月で「効果が無い」と止めてしまうのはとても勿体ないです。
内臓脂肪を蓄えすぎるとメタボリックシンドロームとなります。

努力を続けていると少しずつ内臓脂肪が消費されて健康になってきています。
もう少し頑張れば見た目に変化が生じてくる、と信じて努力を続けてみましょう!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加